顔出ししなくても配信できる!声だけの配信をするメリットや向いている人を紹介

公開日:2023/06/30

若い世代を中心にいまや大人気のライバーですが、興味はあっても、顔出しがネックになって、始めようか迷っている人も多いはずです。できれば顔出しせずに配信したい、そう考える人のために、今回の記事では、声だけの配信におけるメリットを紹介します。ライバー志望者は、ぜひチェックしてみてください。

顔出しなしの配信で稼ぐメリット

ライバーといえば、配信プラットフォームのもと、関心のあるテーマについて、リアルタイムでライブ配信し、投げ銭などで収入を得る方法です。多くの場合は、自ら出演して、リスナーたちと、オンライン上で交流を重ねていきます。

気軽に始めやすい反面、顔出しすることで身元がわかってしまい、プライベートでトラブルに巻き込まれるなど、一定のリスクが避けられません。

その弱点を補うのが、声だけの配信です。以下、そのメリットを挙げます。

スマホと本人の声さえあればお手軽にスタートできる

声だけの配信でいちばん際立つのは、配信へのハードルがぐっと下がることです。顔出しの場合、ライティングや撮影機材にも気を使う必要があり、とくに女性であれば、メイクやファッションにもこだわりたいところでしょう

もちろん、ある程度の手間やコストもかかります。声だけの配信は、スマホと本人の声さえあれば充分です

顔出し配信よりもプライベート上のリスクが低い

プライベート面でのリスクが減ることも注目したい要素です。音声、ラジオ配信であっても、身元が暴かれる危険性がゼロになるわけではありません。

しかし、情報量が少なくなるため顔出し配信よりも配信者を特定される確率は低くなります。とりわけ女性にとっては、非常に大切なポイントになるはずです。

声に自信のある人は自分をアピールするチャンス

容姿よりも声に自信がある人には、声だけの配信は願ってもないチャンスかもしれません。画面に姿をさらす必要もなく、自慢の声を使って、自由に自分をアピールできるからです

子供の頃からアニメの声優やDJなどに憧れている方にとっては、夢の実現へ向けての第一歩です。

顔出しなしの配信で稼ぐデメリットや注意点

当たり前のことですが、メリットもあれば、反対にデメリットもあります。声だけの配信における注意点は、以下の通りです。

顔出し配信に比べると注目されにくい

いちばん大きなポイントは、よほどの個性的な声だったり、巧みなトークスキルだったりしなければ、なかなか注目されにくいことです。

なんといっても、ライバー業界のメジャーは、顔出し配信です。身元バレというリスクを背負っているからこそ、その分、得られるリターンもビッグなものになるわけです。

また、顔出しすることで情報量が増え、リスナーに意図が伝わりやすくなるという側面もあります

話し方のちょっとしたトーンひとつで評価が変わる

次に指摘したいのは、話し方に細心の注意が必要なことです。顔出し配信と異なり、声だけの配信は、まさしく声が生命線になります。

リスナーにとっても、聞こえてくる声を頼りに、いろいろと想像できるのが音声配信の醍醐味です。あまりに滑舌が悪くて聞きづらかったり、乱暴な言葉遣いだったり、投げやりな調子だったりすると、リスナーはきっと見向きもしないでしょう

ちょっとした声のトーンの差が、全体の印象を決定づけるシビアな世界です。トーク力を磨くことと並行して、リスナーに好印象を与える話し方を心がけてください。

顔出し配信と違って情報量が限られる

映像がメインの顔出し配信とは対照的に、声だけの配信は、伝える情報量が限られます。

顔出し配信であれば、ライバー自身の動きでカバーできることも、声だけの配信では不可能です。情報量の少なさをいかにイメージの豊かさに変換できるかが、勝負の分かれ目になります。

そのうえで、トークのテクニック向上を前提に、配信内容のブラシュアップが欠かせません。

顔出しなしの配信で稼ぐためのポイントとは?

声だけの配信で稼ぐためのポイントは、3つあります。

テーマを絞ってトークする

最初に、テーマを決めます。ただ漠然と雑談風にしゃべるよりも、特定のテーマに沿ってトークしたほうが、リスナーにも理解してもらいやすくなります

恋愛をはじめ、お金のこと、あるいは、芸能人の話題、結婚など、多くの人が興味のあるテーマに絞って配信するのも、ひとつの方法論です。

毎日同じ時間に配信し続ける

毎日、同じ時間に配信することもまた大切です。気まぐれに不定期で配信していると、ファンからすれば、いつ始まるのかわからず、とまどうにちがいありません。

事前にスケジュールが決まっていたほうが、リスナーの日々のルーティンに取り入れられやすくなります

リスナーとのコミュニケーションを大事にする

配信時のリスナーへの反応を欠かさないことです。声だけの配信は、顔出ししないので、表情からは気持ちを読み取れません。

本当はプレゼントを贈られてうれしいのに、何も反応しなかった場合、リスナーにとってはスルーされたと同じことです。思っているだけでなく、口に出して伝える即時性が、声だけの配信では強く求められます

まとめ

いま話題のライバーには、大きく分けて、顔出し配信と声だけの配信の2種類があります。今回の記事では、声だけの配信にフォーカスして特集しました。そのメリットは、気軽に配信できるうえに、顔出し配信と異なり、身元バレなどの危険性が少ないこと、容姿に自信はなくても声だけで勝負できることなどがあります。紹介した情報が、みなさんのはじめの一歩につながれば、これほどうれしいことはありません。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事