Pococha(ポコチャ)はラジオ配信できる?配信方法やメリット・デメリット

公開日:2023/10/15 最終更新日:2023/12/21


Pococha(ポコチャ)でライブ配信をしたいと思っているものの、顔出しをして配信することに抵抗がある人や不安に思っている人も多いのではないでしょうか。本記事では、Pocochaのラジオ配信はどのようなものなのか、またラジオ配信のメリット、デメリットを解説します。ぜひ参考にしてください。

Pococha(ポコチャ)はラジオ配信ができる!

Pocochaではカメラを使わずに音声だけで配信するラジオ配信もできます。通常のライブ配信とは異なり映像がないぶん、普段とは違った雰囲気になりますが、音声だけで人気の配信者もいるので内容次第では人気になれるでしょう。

ラジオ配信に慣れるまでは、事前に話す内容を決めておき、話す内容をメモしておくことで、スムーズに配信ができるのでおすすめです。また、ラジオ配信は音声だけなので、淡々と話すのではなく、言葉に感情を込めることが大切です。

そして、顔が見えないので、コメントなど積極的に拾ってライバーと交流するとよいでしょう。音声だけなので、配信前にメイクをしたり、着替えたり、照明を準備したりする必要がなく、思い立った時に気軽に配信できるのがメリットです。

とはいえ、Pocochaは顔出しを前提としているアプリであるため、ラジオ配信だけで報酬をもらえず、直近6回の配信中4回は顔を出して配信していることが条件となります。顔出しの配信とラジオ配信とうまく組み合わせることが必要でしょう。

Pocochaでラジオ配信するメリット

Pocochaでラジオ配信したいと思うものの、どのようなメリットがあるのかよくわからない方も多いでしょう。1つ目は、顔出し不要なことで、顔を出すことが恥ずかしく感じるライブ配信初心者には手軽に取り組みやすいことです。

女性であれば身だしなみにも気をつかうことが多いため、メイクやコーディネートを気にしなくても配信できます。また顔出ししないことで身バレしないので、副業が会社にバレたくないなど、顔を出したくない理由がある方にもおすすめです。

2つ目は、ライバーは通常顔出しで配信しているため、たまにラジオ配信することで、マンネリ化を防げることです。リスナーにとっても新鮮な空気になるため、配信手法を変えることで配信の活性化に繋がるでしょう。

3つ目は、音声だけのため、リスナーは画面を見ないで配信に参加できることです。仕事や家事の途中でも、音声だけで楽しめるので気軽に参加してもらいやすくなります。

4つ目は、部屋の片付けなど身の回りを整えなくても配信ができ、配信場所も選ばないため、曜日や時間など固定した配信を継続しやすくなることです。

5つ目は、スマホの通信料を節約できることです。顔出しのライブ配信はデータ量が多くなるため、配信中に途切れてしまうこともあり、せっかくのライブが台無しになることもあります。ラジオ配信は音声のみのためデータの消費量を節約でき、途切れにくく、通信料も節約できます。

Pocochaでラジオ配信するデメリット

Pocochaでラジオ配信するときはデメリットもあります。1つ目は、顔出しの配信と比べると稼ぎにくいことです。顔出ししないぶん、盛り上がりポイントに繋がる要素が少なくなることが理由です。Pocochaでのライバーの収入は「盛り上がりダイヤ」と「配信時間に応じたダイヤ」の2種類があります。

1つ目の盛り上がりダイヤとはリスナーから送られるアイテム(投げ銭)やコメント、いいねなどの頻度や数からPocochaが計算しているダイヤです。2つ目の配信時間に応じたダイヤは、ライバーの応援ランクによって変わる時給制のような報酬になります。

ラジオ配信は盛り上がりポイントの要素が少なくなるため、報酬も減少します。そして、Pocochaはラジオ配信のみでは「時間ダイヤ」を獲得できないため、稼ぐことができません。Pocochaでしっかり稼ぎたい場合は顔出し配信をメインにしましょう。

また、ラジオ配信はPocochaアプリのトップ画面のタイムラインに表示されないためSNSなどで告知しなければ人が集まりにくいこともデメリットです。ラジオ配信のみをしたいと思っている人は、ほかのライブ配信アプリも検討するとよいでしょう。

このようにPocochaはライブ配信の場所として有名であるものの、顔出しをしない方針なら適した環境とは言い切れません。音声のみの配信に適した配信サービスもあるため、利用するサービスは慎重に検討しましょう。

まとめ

ラジオ配信は顔出ししないため、ライブ配信初心者には手軽に取り組みやすく、またメイクなど身なりを整えなくてもどこでも好きなタイミングで配信ができるため、配信を継続しやすいことがメリットです。

一方、顔出し配信よりは稼ぎにくい点が大きなデメリットです。Pocochaではサービスの性質上、映像パフォーマンスを重要視しているため、顔出し配信者の方が稼ぎやすいシステムになっています。「しっかり稼ぎたい」という方は、顔出しのライブ配信をメインとして活動していくのがおすすめです。

われている方は
こちらの事務所がおすすめ!
Casual Live(カジュアルライブ)
Casual Live(カジュアルライブ)の画像1
Casual Live(カジュアルライブ)は、手厚いサポート体制が特長のライバー事務所です。ライバー1人に対して2人の担当者がつき、ライバー目線とリスナー目線の双方からのアドバイスを受けられたり、常設スタッフに24時間いつでも相談できたりするなど、未経験でも安心して始められる環境が整っています。「これからライブ配信をしてみたいけど不安がある方」や「今所属している事務所のサポートに満足できていない方」におすすめのライバー事務所です。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事