【完全保存版】Pococha(ポコチャ)用語まとめ

公開日:2023/08/15 最終更新日:2023/12/21

Pococha(ポコチャ)をはじめたばかりの人だと、Pococha用語をよくわからない方が多いのではないでしょうか。用語やルールがわからないままでは、十分に楽しめません。そこで本記事では、より一層Pocochaを楽しむためのPococha用語や、守らなければならないルールについて解説します。ぜひ参考にしてください。

用語を理解することで配信がもっと楽しくなる

Pocochaではさまざまな専門用語が使われています。用語の意味を知ることでPococha初心者の方も、より楽しめるでしょう。

また、用語を知ることはルールを守ることにもつながります。用語を理解していないと、気づかないうちにルール違反をしていることもあるのかもしれません。

全ユーザーがルールを守ることで、配信者、リスナーみんなで楽しめる環境になります。

Pococha(ポコチャ)でよくある用語

ここではPocochaでよくある用語について、具体例をいくつかあげて解説します。

応援ポイント

応援ポイントとは、リスナーの使用アイテムやコメント、いいね、視聴回数など、その日どれくらいライバーを応援したかがわかるポイントです。応援ポイントは、ライバーランクを上げる重要な指標になります

キラキラコメント(キラコメ)

ライバーが歌っているときなどに、リスナーがライブ配信画面を盛り上げるために送るコメントや弾幕のことで、コメント数などがライバーのランクに影響します。そのため、応援したいライバーには、積極的にコメントを送るといいでしょう。

コイン

Pococha内で使用できるコインは、フォローしているライバーのライブ配信を応援したり、盛り上げるためにコインを消費したりしてリスナーがライバーへアピールするのに利用するものです。

コインは無料での配布のほか、購入もできるため、お気に入りのライバーがいる方は課金する額を考えながらライブ配信を楽しみましょう。

ルール違反として挙げられる用語

また、ルール違反をしてしまったときなどの用語もあります。

「BAN」と呼ばれるライブ配信を停止(アカウント停止)やユーザーの迷惑行為に対して行う「ブロック」機能もあります。

そして、ライバーのライブ配信を迷惑行為で荒らすユーザーに対しては、24時間コメントができないようにエラー表示される「コメント禁止」もあります

Pocochaにはさまざまな用語があるため、ライブ配信をはじめたばかりに用語がでてきた場合には、リスナーとコミュニケーションととって聞いてみてもいいでしょう。

配信をたくさん経験することで自然に用語を覚えられます。

ルールを守れないとペナルティがあるので注意!

Pocochaは他のアプリと比べて、アカウント停止になりやすいと聞いたことがあるのではないでしょうか。規約がほかのアプリよりも厳しいことから、そのように言われています。

しっかり規約が決められていることで配信者、視聴者が安心してサービスを利用できるよう徹底されているといえるでしょう。

Pocochaには利用規約やガイドラインがあり、ライブ配信する人とライブ配信を視聴する人は、それぞれに守らなければならないルールが決められています。

これらのルールを知らずに誤った使い方をすると、アプリの利用制限や警告、アカウントの停止などのペナルティを受けることがあるため、用語を正しく理解することがPocochaを楽しむことにつながるでしょう。

第一のルールとして、Pocochaでのライブ配信は18歳以上でないと利用できないため、はじめの登録で生年月日を入力することで年齢確認がされています。年齢を偽って入力したことがばれたときは、Pocochaのアカウント停止となるため注意しましょう。

また、周りを不快にする行為や、危険な行為、犯罪や、反社会的なルールに反する行為、営利目的でのアプリの利用などは全ユーザーの禁止事項です。

具体的に配信者の禁止事項は、わいせつな内容の配信や、運転中の配信、撮影禁止や周囲に迷惑がかかる公共交通機関や商業施設での配信などです。

また配信ではなく、プロフィール画像でもアダルト系をイメージさせるものも禁止です。

そして、リスナーの禁止事項は、ライブ配信の妨害行為や、個人情報を聞き出そうとしたり、身の危険を感じさせるようなコメントをしたりすることが挙げられ、これらの行為はBANになることがあります。

Pocochaの禁止事項に触れてしまった場合は、配信者はライブ配信停止5分間からペナルティがはじまり、3日間、7日間、アカウント停止と4段階の措置がとられます

また、迷惑行為を行うユーザーにライブ配信の視聴やコメントを制限する「ブロック」というものがあります。ブロックされてしまった場合には、フォローが解除されてしまい、配信も見れなくなるためルールをきちんと守ることが大切です。

まとめ

Pocochaは人気のライブ配信アプリで、ほかのアプリよりもルールや規約が厳しいといわれていますが、一人ひとりがPococha用語を知ってルールを守ることで、ライバーは誹謗中傷されることなく安心して配信ができ、リスナーも応援をより楽しめます。また未成年のルールもしっかりしているため、安心して利用ができるでしょう。警告やコメント禁止などの段階を踏んでそれでもルールを守れない場合は、アカウント停止になることもあるため注意しましょう。

われている方は
こちらの事務所がおすすめ!
Casual Live(カジュアルライブ)
Casual Live(カジュアルライブ)の画像1
Casual Live(カジュアルライブ)は、手厚いサポート体制が特長のライバー事務所です。ライバー1人に対して2人の担当者がつき、ライバー目線とリスナー目線の双方からのアドバイスを受けられたり、常設スタッフに24時間いつでも相談できたりするなど、未経験でも安心して始められる環境が整っています。「これからライブ配信をしてみたいけど不安がある方」や「今所属している事務所のサポートに満足できていない方」におすすめのライバー事務所です。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事