ライバー事務所に向いている人とフリーライバーに向いている人との違い

公開日:2023/11/16

ライバーの活動方法には、フリーライバーと事務所所属ライバーの2つの種類があります。ライバーとして活動しようと考えても、事務所に所属しようかフリーで活動しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ライバー事務所に向いている人とフリーライバーに向いている人の違いについて解説します。ライバー事務所と契約する前の注意点もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

事務所所属ライバーとフリーライバーの違い

フリーライバーと事務所所属ライバーは、活動スタイルや報酬形態などに違いがあります。

事務所所属ライバーは特定の事務所に加入し、マネージャーによってサポートされ、事務所還元イベントなどの追加報酬が得られます。一方、フリーライバーは特定の事務所に所属せず、自分自身でプロモーションや配信スケジュールなどを管理します。

状況や目標によって考えることで、最適な選択ができるでしょう。

事務所所属ライバーとは

事務所所属ライバーは、その名のとおり、特定の事務所に加入して配信活動をしているライバーを指します。

事務所に所属することで、他の所属ライバーとコラボ配信をしたり、各自のファン層の共有が可能です。露出の場を増やせるので、視聴者の数を増やすチャンスが広がります。

また、事務所が提供するさまざまなサポートを受けられます。所属する事務所によっては、照明などの機材や専用のスタジオを提供しており、配信の品質向上も見込めます。他にも、事務所がオフィスを所有している場合、住所を共有できるため、視聴者からの贈り物やファンレターの受け取りに便利です。

ライブ配信のやり方やノウハウのアドバイス、事務手続きの代行、企業案件の紹介など、新たにライバー活動をスタートする人にとっては魅力的でしょう。

フリーライバーとは

フリーライバーは、事務所に所属せずに個人で活動するライバーを指します。

フリーライバーは、自分の好きなタイミングでライブ配信ができ、自由に活動することが可能です。また、ライブ配信の収益はすべて自分のものとなります。

しかし、フリーライバーは、人気ライバーになるためのノウハウが少なく、成長スピードが遅くなる可能性があります。プライバシー管理などもすべて自分で行い、配信活動をサポートしてくれる仲間がいないため、1人ですべてをする覚悟がない場合は、ライバー事務所に所属を検討したほうがよいでしょう。

ライバー事務所に向いている人

ライバー事務所は、目標を持って活動したい人におすすめです。事務所のネットワークや提携先から新たな仕事やプロジェクトの機会が生まれることがあり、新たな挑戦を追求できる可能性があります。

そんな事務所所属ライバーに向いている人の特徴を、順番に見ていきましょう。

絶対に売れたい人

ライバー事務所では、目標を持ち、それに向かって努力する意欲が強い人が成功しやすい環境です。自身のライバーキャリアにおいて目標を設定し、プロ意識を持って活動することが重要です。

優良事務所は、ライバーが売れるための協力は惜しみません。なぜなら、ライバー自身が売れることで、紹介できる仕事も増え、結果、事務所の売上につながります。つまり、お互いが得をするビジネスパートナーとしての関係性です。

しかし、売れないのを事務所のせいにしたり、謙虚な気持ちなく仕事に取り組む人が多いのも事実です。あくまでも事務所は、ブレイクする速度を上げる場所であって、売れる努力をしない人を売れるようにする場所ではないことを覚えておきましょう。

目標がある人は、事務所からのサポートを受けながら、効率的に売れるステージを進めるでしょう。

自己投資だと理解できる人

ライバー事務所に所属することは、自己投資ともいえます。自分自身のスキルや知識を向上させるための投資など、自己成長の一環として捉えられる人に向いています。

具体的には、ライバー事務所は、プロの指導やサポートを受ける機会が豊富です。新人や未経験者にとって、ライブ配信のやり方やノウハウのアドバイスを受けながらスキルを向上させたり、配信の質を高めたりする機会が提供されるため、成長を加速させたい人に向いています。

安定して活動したい人

ライバー事務所に所属することで、事務所からの仕事の受注やサポートがあるため、収入の安定感を求める人に適しています。

利用する配信アプリによって報酬形態は異なりますが、基本的にライバー事務所に所属すると、得られる報酬はアップします。安定した環境が提供されているのもありますが、副次的なサポートが多いため、基本的に報酬が上がりやすいといえるでしょう。

フリーライバーに向いている人

フリーライバーとして活動することは、自分自身のスタイルで配信したい人におすすめです。フリーライバーに向いている人の特徴を、順番に見ていきましょう。

自由度の高い配信をしたい人

フリーライバーは、配信における自由度が高いことが魅力です。

配信の方向性などを自分で決められるため、自分らしいコンテンツを提供し、ファンを魅了するために、個性や得意分野をアピールしたい人に適しています。

しかし、インターネット上での配信はさまざまな意見や批評が寄せられることも少なくありません。否定的な意見にめげず、向上するための批評に耐える強い精神を持つ必要があるでしょう。

自己管理能力が高い人

フリーライバーは自己プロデュースが求められるため、自分ですべての業務をする覚悟が必要です。動画編集やコンテンツ企画、プロモーション、マネジメントなど、多くの業務を一人でこなす必要があります。

また、成功するには時間がかかるケースも少なくありません。フリーライバーでは、ライバー事務所の支援がないため、短期的な成果を求めるのではなく、長期的な視野を持ち、コツコツと努力を積み重ね、成長を重ねていく必要があります。

ノルマなどなく気軽に配信したい人

フリーライバーは、特定のノルマに縛られることなく、自分のペースで配信活動ができます。

配信に関する業務のすべてが自己責任ですが、特定のノルマや制約に縛られることがなく、自分の好きな方法で配信できます。そのため、ファンとの交流を楽しんだり、新しいコンテンツやアプローチを考えたり、視聴者を引き込むクリエイティブな発想やアイデアを持っている人が向いているでしょう。

ライバー事務所と契約する前に確認すべきこと

配信アプリの普及に伴い、ライバー事務所は数多く存在しています。

優良事務所ももちろん多いですが、なかには悪徳事務所も存在します。悪質な事務所は、不当に報酬を中抜きしたり、長い契約期間を設定し辞めたくても辞められない状況を作ります。

優良事務所に所属することで、フリーライバーよりも大きな恩恵にあやかれます。しっかりと見極め、自身に適したライバー事務所と契約しましょう。

生活の安定性を確認

夢を追い求めることは大切ですが、生活を圧迫する状態は避けなくてはいけません。家庭の事情でパートやアルバイトなど、働きに出る余裕がないのであれば、ライバー事務所に所属するべきではないでしょう。

夢を叶えるために無理をしても、身体と心を壊すかもしれません。ライバー事務所に所属する前に、自分の生活が安定していることを確認しましょう。

契約書の確認

契約内容は事務所ごとに異なります。そのため、自分がどのような条件で働くことになるのかを事前に調査し、理解しておくことが重要です。

具体的には、ノルマの有無や給与システム、契約期間、違約金の有無などが挙げられます。
契約を交わさなければ、悪い方には進みません。安易にサインをせず、契約書をすみずみまで把握してから契約を検討することをおすすめします。

また、契約書の内容について不明な点がある場合は、必ず担当者に確認しましょう。契約についての知識は、自分の身を守ることにもつながります。

まとめ

ライバーの活動方法には、フリーライバーと事務所所属ライバーの2つの選択肢があります。ライバー事務所に所属することで安定して活動できる一方で、フリーライバーは自由に活動できます。

どちらが自身によって最適かは、個々の目標や配信スタイルに応じて選択するべきです。

しかし、メリットだけを見ると事務所所属ライバーのほうがメリットが多いのも事実です。ライバーとして成功をおさめたい人は、ライバー事務所を検討してみるとよいでしょう。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事