【知っておきたい】ライバー事務所の移籍検討時の注意点

公開日:2024/02/15 最終更新日:2024/03/22
注意点

ライバーとしての活動を新たなステージに進めるため、ライバー事務所の移籍を考えている方もいるでしょう。移籍には検討すべきポイントと注意点があり、それらを把握することが成功への第一歩です。今回は、移籍を検討する際に知っておきたい重要なポイントについて詳しく解説します。

ライバー事務所を移籍するとどんなリスクがあるか

ライバー事務所を移籍する際には、いくつかのリスクが存在します。移籍にともなう変化や注意すべきポイントを考えてみましょう。

契約に関するリスク

まず、契約に関するリスクがあります。ライバー事務所やライブ配信アプリとの契約にはさまざまな条件が含まれます。たとえば、掛け持ちNGや契約違反に関する制約は事務所によって違います。制約を守らない場合、違約金を支払うことになるかもしれません。提示された契約内容をよく理解し、守ることが大切です。

新しい事務所への適応に関するリスク

新しい事務所への適応できるかどうかも熟考すべきです。新しい環境やルールに順応するのは簡単なことではありません。ストレスを感じることもあるかもしれません。移籍前に新しい事務所の文化やルールを充分に調査し、適応準備をすることが重要です。

移籍手続きに関するリスク

移籍手続きに関するリスクも考慮すべきです。移籍手続きは、事務所の対応速度に左右されます。事務所の規模やスタッフの状況によって、手続きが遅れることがあります。手続きの遅延がライバーにとって不利な状況を招く可能性があるため、注意が必要です。

移籍手続きが完了するまでの期間に関するリスク

移籍手続きが完了するまでの期間に関するリスクも考えられます。新しい事務所での活動を開始できるまで、時間がかかることがあります。移籍前にライブ配信を行うとトラブルの原因になる可能性があるため、慎重に行動することが重要です。

事務所を移籍する前に整理するべきこと

事務所を移籍する際、計画的な整理が成功のカギです。ライバー事務所の移籍は大きな決断であり、失敗は避けたいものです。以下のステップを踏むことで成功への道が開けます。

移籍の理由を明確にする

なぜ移籍を検討しているのか、理由を明確に整理しましょう。現在の事務所に不満があるのか、それとも新たなチャンスを求めているのか。移籍の目的を明確にしておくと、後のステップで役立ちます。

移籍先の情報収集

移籍先の事務所やアプリについての情報を収集します。報酬、サポート内容、契約条件、ノルマなどの詳細情報を入手し、自身に合った事務所を判断します。詳細な情報収集は後悔を避けるために重要です。

目標と合致するか確認

自身のライバー活動の目標と、移籍先の事務所がどれだけ合致しているかを確認しましょう。収益向上、サポートの質の向上、新たなチャレンジなど、自分が目指すものと移籍先が一致しているかを検討します。

リスクを洗い出す

移籍にはリスクもつきものです。掛け持ちNGや契約違反による罰則など、移籍にともなうリスクを洗い出し、避けるための対策を考えましょう。リスクを最小限に抑えるためにも、契約書や規約の確認が必要です。

周囲の意見を聞く

周囲のライバーや友人の意見を聞きましょう。他の人の経験やアドバイスは貴重な情報源となります。周囲の意見を参考にしつつ、最終的な判断は自身で行うことが大切です。

移籍する前にチェックしたい6つのこと

ライバーとしてのキャリアを発展させ、新たなステージに進むために、事務所の移籍は重要な選択肢のひとつです。しかし、移籍前にはさまざまな要因を検討し、慎重な準備が必要です。以下では、ライバーが移籍を検討する際に確認すべき重要なポイントを詳しく見ていきましょう。

事務所とのコミュニケーション

移籍の意向は現在の事務所に必ず伝えなければなりません。契約は双方の合意にもとづいて成立しており、円滑な移籍を実現するためには、相手とのコミュニケーションがカギとなります。不満や期待を率直に伝え、解決策を共に模索しましょう。

契約書の確認

契約書には契約期間、条件、違約金などの詳細が明記されています。移籍にともなう契約の変更や解除に関する規定を注意深く確認し、トラブルを未然に防ぎましょう。

アプリの利用継続

ライバー活動には特定のライブ配信アプリが欠かせません。移籍によってアプリの利用に制約が生じないか、ファンとのつながりを維持できるか確認しましょう。

正確な退所手続き

移籍に際して、所属事務所での退所手続きは適切に行うことが肝要です。手続きを怠ると後々トラブルの原因になりかねませんので、注意深く対応しましょう。

法的サポートの検討

移籍にともなうトラブルや不当な扱いに遭遇した場合、弁護士の助言やサポートが頼りになります。法的なサポートを受けることで、問題解決が迅速に進むことがあります。

移籍先の評判

移籍先の事務所について、ほかのライバーの評判や実際の経験を調査しましょう。自分に合った環境での活動が成功への近道です。よい評判だけではなく、悪い評判にも耳を傾けましょう。

まとめ

ここまで、ライバー事務所移籍について解説しました。ライバー事務所の移籍には、慎重な準備が欠かせません。移籍には潜在的なリスクが潜んでおり、事前に整理とチェックが必要です。

契約内容やアプリ利用、コミュニケーション、退所手続き、法的サポート、移籍先評判の確認が、スムーズな移籍と成功へのカギです。要点を踏まえて注意深く対処し、移籍を成功に導きましょう。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事