ライバーは稼げる?ライバーの収入源や平均収入を紹介

公開日:2023/06/30

「ライバーに興味があるけれど、本当に稼げるの?」とご不安を抱えてはいませんか。収入源は何?収入は安定しているの?と不安材料がよぎりますよね。そこで本記事ではそんな不安を払拭すべく、ライバーの収入事情について触れます。この記事を最後までお読みいただければ、あなたのライバーとしての未来は開けること間違いなしです。

ライバーの主な収入源

最近では、テレビでも頻繁にYouTubeの話題が取り上げられるようになり、YouTuberもすっかりメジャーな存在となりました。一方で、ライブ配信アプリを使って配信するライバーの存在が注目され、老若男女問わず、たくさんの方がライバーとしてデビューしています。

YouTuberの収入源は広告収入やスパチャなどと想像できますが、ライバーの収入源は何なのでしょうか。そこでここでは、ライバーのさまざまな収入源について解説します。

投げ銭

ライバーにもさまざまな稼ぎ方があります。その中でもライバーのメインとなっている収入源は「投げ銭」です。投げ銭とは、ライブ配信中にもらう視聴者が購入したギフトのことです

ギフトは換金することが可能です。多くのギフトをもらうことがライバーの収入に直結するため、長時間に渡ってライブ配信する人が増えています。

イベント

多くのライブ配信サービスでは、新人ライバー向けのイベントを開催しています。イベント開催中に視聴者数をランキング形式で競ったり、〇時間以上配信したりすることで、ランキングに応じた報酬がもらえたり、配信時間に応じたボーナスがもらえたりする仕組みになっています。新人ライバーは〇時間以上配信することから始めて、フォロワー数が増えてきたら、ランキングを意識して、視聴者数が増えるように配信するのが一般的な流れになっています。

時給

一部のライブ配信サービスでは、配信時間に応じてポイントがもらえる、時間ポイント制(時給制)を導入しています。いいね数やコメント数によって時給が上がる仕組みになっています。

新人ライバーは最初なかなか投げ銭をもらうことが難しいため、まずは時給で収入を得ることから始める人もいます。

視聴者数

特定のライブ配信サービスでは、視聴者数に応じてランク付けしているものがあります。

Sランク~Eランクまで、視聴者数によって区分けされ、最高ランクのSランクになると、時間あたり60万円以上相当のポイントを付与している場合もあります。

Eランクだと、時間あたり5,000円程度ですが、Cランクになると、時間あたり8万円程度のポイントが付与されています。

ライバーの平均的な収入はどのくらい?

ここまではライバーのさまざまな収入源について解説しました。では、具体的にライバーの収入はどのくらいになっているのでしょうか。ここでは、初心者から大人気ライバーまで、それぞれの平均的な収入について解説します。

初心者ライバー

初心者ライバーの平均月収は数千円~数万円程度となっています。多くのライバーがこのレンジに属しています。

本業というよりも、副業として月数万円稼ぐことを目指して始めてみるのがおすすめです。多くの収入を目指すというより、スキマ時間や休日の時間を有効利用して、普段の職場以外で、多くの視聴者の皆さんとつながる機会づくりとして利用している方もいらっしゃるレンジです。

中級者ライバー

中級者ライバーといえる人の平均月収は、8~80万円程度となっています。上下にかなりの差が生じていますが、月の収入がゼロになることはなく、月に安定して一定額以上の収入になっている人はこのレンジだといえます。

中級者ライバーだと、ライバーを本業として、ライバーだけの収入で暮らしていくにはリスクが高いといえますが、副業としてとらえるのであれば、本業以外に一定の収入があるのは大きな魅力だといえるでしょう

大人気ライバー

大人気ライバーといえる人の平均月収は、80~100万円程度となっています。このレンジになってくると、副業ではなく、ライバーを本業として、生計を立てている人も多いでしょう

また、配信するたびに、たくさんの投げ銭をもらうことも可能なため、月収1,000万円以上になる人もいます。海外では、月収1億円以上を稼ぐライバーもいますので、ライバーには夢がありますね。

ライバーで稼げるようになるポイントとは?

ライバーの収入源と、その収入について押さえたところで、では稼げるようになるためには、具体的にどのようなことに注意したらいいのでしょうか。ライブ配信するのであれば稼げるようになりたいですよね。そこでここでは、稼げるライバーになるためのポイントについて解説します。

毎日配信する

リピーターとなる視聴者を獲得し、収入を増やすためには、毎日配信するのがベストです。

毎日ほぼ同じ時間に配信していれば、見てくれる視聴者のルーティンに組み込むことが可能になるため、いつも同じ時間に会えるライバーとして認知されます

また、いつも同じ時間に同じ場所で会えると認識してもらうため、いつも同じ配信アプリを使いましょう。

月収100万円を超える人気ライバーも、最初は誰も見ていなくても、コツコツと毎日配信し、経験と実績を積んできた人ばかりです。できれば、毎日1~3時間程度は継続して配信することをおすすめします

サムネイルにこだわる

視聴者の皆さんは、多くのサムネイルが並ぶ中から、気になったものをタップします。パっと見て配信に入るか入らないかを決めるため、サムネイルの画像の印象が悪いと、配信の内容以前に選んでもらえません。

そのため、サムネイルを軽視せず、この人に会いたい、聞きたいと思わせる写真を選ぶことが重要です

サムネイルのテキスト内容も一目で見たくなる、気になるように工夫しましょう。まずは、他の人気ライバーのサムネイルはどうなっているのか研究することも欠かさずおこない、よい部分は積極的に取り入れてみましょう。

良い環境で配信する

どれだけルックスがよい人や面白い人が配信していても、いざ配信に入ってみると、音声が小さかったり、音質が悪かったりすると、どこか興ざめしてしまって、途中で離脱する確率が高まってしまいます。

初心者ライバーのうちは、お金がないということもあるでしょうが、必要な先行投資だと考えて、音質のよいマイクや、リングライト、スマホのスタンドなどを揃えましょう

また、自分の背景についても、殺風景なまま放置せず、華やかにしておく方が目を引くことでしょう。工夫しているだけ、熱心なライバーだということも必ず伝わります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ライバーは稼げるのか、ライバーの収入源や平均収入について解説しました。ライバーの収入源は、投げ銭やイベントが主となり、配信時間や獲得フォロワー数によって収入は大きく変動します。また、ライバーの平均収入は、初心者・中級者・大人気ライバーによって相当な差が発生しており、本業にできるまでの道のりは決して甘くはありませんが、臆せず続けることが重要です。さらに、ライバーで稼げるようになるためには、毎日配信すること、サムネイルの工夫、配信環境の整備などが必須です。本記事を読んでライバーに興味があるなら、副業からでも、まずは思い切って始めてみることが大切です。気軽に始めてみて、何度も軌道修正しながら、試行錯誤しながらトップライバーへの道を切り開いましょう。

ライバー・ライブ配信関連コラム

【ジャンル別】ライバー事務所・配信アプリおすすめ3選

おすすめの人気ライバー事務所TOP7!比較表

イメージ
事務所名Casual Live(カジュアルライブ)Livewith(ライブウィズ)321incベガプロモーションワンカラットアルファNEXT WAVE(ネクストウェーブ)
特徴「Pococha」報酬バック率100%+ボーナスで業界内の最高水準。ノルマ完全なし!確定申告(税金関係)も完璧!元AKB48の前田敦子さんが公式アンバサダーをつとめる老舗のライバー事務所!元HKT48の「ゆうこすさん」が設立した業界No.1所属数の人気ライバー事務所!多様なライバーが所属する事務所。個人の配信スタイルを尊重してくれる会社ライバー事務所部門で3冠を達成した日本最大級のライバー事務所!専属の担当マネージャー制で初心者でも安心。公式LINEからエントリー可能
専属マネージャーに担当してもらえて、幅広い面でサポートを受けられる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事